不動産担保ローンを活用するメリットTOP5

株式
no.1

多額の融資が受けられる

担保は、もしお金を返せなくなった時に金融機関側の損失を抑えるために使用されるものであり、担保の価値が高いほど多額の融資ができるようになります。

no.2

金利が安くなる

金利も担保同様に金融機関の損失を抑えるためのシステムなので、担保として不動産という高額な財産を指定すれば、金利を下げても金融機関は損しなくなります。よって金利が下がります。

no.3

すぐに融資が受けられる

通常の融資には、保証人が必要ですが、不動産担保ローンならば保証人なしでお金を借りられることもあります。すると申請してすぐにお金を借りることが可能です。

no.4

使途が自由

不動産担保ローンの特徴は、借りたお金の用途が制限されていないことです。これにより、個人融資などでお金を借りるよりも自由な経済活動を営むことができます。

no.5

借入上限が増える

個人融資では、不動産の価値がどれだけ高くても借入上限が定額です。しかし不動産担保ローンを利用すると、不動産の価値に応じて借入上限が増えるので、自由度が広がります。

金利も返済額に影響する

金利とは、借入金額にかかる利息の割合のことです。つまり金利が高ければ高いほど、借入金額に加えて利息を多く返済しなければならなくなります。金利が低いほど損しないということです。

固定金利と変動金利の違い

いつでも一定金利

固定金利は、市中金利がどう変動しても同じ金利がかかる仕組みです。市中金利が上がりそうならこの方が変動金利よりお得に融資を受けられます。

金利が変動する

変動金利では、半年ごとに市中金利に応じて金利が変わります。借入時よりも金利が下がりそうなら、変動金利で融資を受けた方が固定金利よりも得です。

保証人を用意しなくても融資してもらえる~不動産担保ローンの特徴~

スマホ

ローンに必要な費用

ローンに必要な費用は、主にローン保証料と融資手数料です。ローン保証料は、返済が滞った時に保証会社に建て替えてもらうための費用で、借入金額の2%程度になります。融資手数料は、金融機関に支払う金額で、約3万円から5万円かかります。

男性

借り換えで利用する

もし自分が借りている金融機関よりも他の金融機関の方が金利が低いなら、借り換えを行いましょう。借り換えすると、金利が下がることで返済金額も下がり、月々の負担が軽減したり返済合計額が減るといった利点があります。

お金

返済できなかった場合のリスク

不動産担保ローンでは不動産を担保にしている訳ですから、もし返済できなくなってしまったら、不動産を差し押さえられてしまいます。不動産担保ローンは借入金額が多い分、返済しきれないリスクも高まってしまいます。

無理な計画を立てないことが重要

借入上限が高いからといって、不動産担保ローンで借りすぎるのはリスクが高いです。確実に返せる分だけを借りるように気をつけ、計画的に借りましょう。