HOME>レポート>カードローンの借り換えをするなら銀行と消費者金融で比較をしよう

カードローンの借り換えをするなら銀行と消費者金融で比較をしよう

女性

相場はどのようになるか

カードローンでお金を借りる場合には、金利が高い場合があります。また、複数の会社から借り換えしている場合には、一つの会社からしか借り入れしない場合に比べても不利になるでしょう。この場合には、カードローンの借り換えをすると金利が低くなる可能性があります。借り換えをする場合の相場ですが、基本的に金融機関の中でも消費者金融に依頼する場合には、その金額が年収の3分の1までとなっています。これに対して、銀行で借り換えを行う場合には、年収の半分程度までお金を借りることができます。ただし、いくら銀行から新たに借りた場合でも銀行が定めた限度額よりもたくさん借りることは出来ません。限度額については銀行によって変わってきますので、確認しておきましょう。

クレジットカード

仕組みを知りたい

カードローンで借り換えを行う場合には、その仕組みを学んでおくとよいでしょう。カードローンでお金を借りたけども、金利が高い場合や複数の会社から借り入れをしている場合には一つの会社から借り入れした場合と比較しても金利が高くなる可能性があります。この場合には、カードローンの借り換えを行う会社が、すでに借り入れをしている会社に対して債務者の代わりに弁済を行う仕組みを採用しています。代わりに弁済をした金融機関は、借り換えを申請してきた人に対して債権を所有することになります。債権を所有することで、債務者に対してお金を請求することが可能になります。ただし、債務者に本当に返済能力があるかを確認しておかなければなりませんので、事前に審査を行い問題がなければ借り換えが成立する仕組みです。